ノコギリヤシサプリの正しい選び方と効果的な飲み方

ノコギリヤシサプリ TOP > ノコギリヤシサプリの正しい選び方と効果的な飲み方 > ノコギリヤシエキスと一緒に補いたい育毛成分【亜鉛】

亜鉛の効果

亜鉛の効果

亜鉛は遺伝子やたんぱく質の合成にかかわり、細胞の代謝やホルモンの活性化に欠かせないミネラルです。ミネラルとはたんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並ぶ5大栄養素の1つで、体内で合成できないため外から補う必要があります。しかし現在の日本人が食事から摂る亜鉛の量は、一日の推奨摂取量に比べて不足していると言われています。亜鉛が不足すると様々な疾患を引き起こす原因となるので、食事などでしっかりと摂取することが重要です。

300種類以上の酵素組成に関わっていると言われている亜鉛には、次のような効果があります。

亜鉛の効果

  • 成長を促進する
  • 抜け毛を予防する
  • 味覚を正常に保つ
  • 精力増強
  • 皮膚を守る
  • 前立腺障害の予防
  • アレルギーを抑制する
  • 身体の酸化を防止する
  • 骨を丈夫にする

亜鉛を多く含む食品としては、牡蛎が有名です。他にも様々な食品に含まれています。

亜鉛を多く含む食品〈魚介類〉 牡蛎、カニ、うなぎ
亜鉛を多く含む食品〈肉類〉 牛肉、豚レバー、卵
亜鉛を多く含む食品〈乳製品〉 チーズ、牛乳、脱脂粉乳
亜鉛を多く含む食品〈穀類・その他〉 玄米、松の実、大豆、ごま、納豆

亜鉛が不足すると「なんとなくだるい」など、身体に変調が現れることがあります。放っておくと病気にもつながるので注意が必要です。

亜鉛不足による影響

  1. 味覚障害
  2. 脱毛
  3. 胃腸障害
  4. 鉄欠乏性貧血
  5. 活性酸素障害
  6. 皮膚疾患
  7. 男性不妊
  8. 食欲不振
  9. 免疫力低下
  10. 情緒不安定、うつ症状

亜鉛の1日あたりの推奨摂取量は、男性で10mg、女性で8mgと言われています。毎日の食事で摂るのが難しい場合には、亜鉛が配合されたサプリメントで補うといいでしょう。

ノコギリヤシと亜鉛の相性

ノコギリヤシと亜鉛の相性

ノコギリヤシがAGA治療薬と同じような働きをすると言われているのは、ノコギリヤシに含まれる成分が5αリダクターゼと呼ばれる酵素を減らし、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのを抑制する作用があるからです。そして亜鉛にもノコギリヤシ同様に脱毛防止効果がありますが、そのしくみは3つあります。男性ホルモンの抑制、たんぱく質の合成、毛母細胞の活性化です。

男性ホルモンの抑制
亜鉛にもノコギリヤシと同様に、5αリダクターゼを抑制してジヒドロテストステロンの生成を抑える働きをすることで、男性型脱毛を防ぐ効果があります。
たんぱく質の合成
毛髪を構成するのがたんぱく質です。中でもケラチンが毛髪のたんぱく質の大半を占めており、亜鉛はアミノ酸をケラチンに合成する働きがあります。亜鉛がケラチンの生成を助けることで、太く強い毛髪の成長を支えるのです。
毛母細胞の活性化
亜鉛は細胞分裂を活発化させる栄養素でもあるので、亜鉛を摂取することによって毛根にある毛母細胞を活性化し、毛髪がやせ細っていくのを食い止めてくれます。その働きが抜け毛防止につながります。

上記の点から、亜鉛とノコギリヤシの相乗効果による脱毛予防効果は絶大です。ノコギリヤシサプリを選ぶ際には、亜鉛が一緒に摂れるものがおすすめです。

time

▲ このページの先頭へ